17.00 - フォールバックの無効化 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverにより、ソース システムとターゲット システム間でオブジェクトをコピーするとき、フォールバックを無効にできます。ソース オブジェクトでフォールバックが有効になっており、Data Moverジョブがターゲット側でオブジェクトを置換または作成している場合です。list_configurationでフォールバックを設定するとき、次のオプションがあります。
説明
job.noFallbacktrueに設定 ターゲット システムで作成されたオブジェクトでは、フォールバックが無効になります。
job.noFallbackfalseに設定 ターゲット システムで作成されたオブジェクトは、ソース オブジェクトのフォールバック ステータスと一致します。

ルールと制限

  • コピー対象のオブジェクトが、フォールバックが有効になっているターゲット システム上にすでに存在している場合、job.noFallbacktrueに設定され、フォールバックなしの設定は無視されます。例外は、DSAジョブを実行している場合です。この場合は設定が適用され、ターゲット システム上のオブジェクトはフォールバックなしの状態でコピーされます。
  • job.nofallback設定が変更された場合、freeze_job_stepsを使用しているジョブは、ジョブ ステップが手動で更新されるまで新しい設定を無視します。