17.00 - ジョブの作成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
構文パラメータとオブジェクト リストを使用してデーモンのジョブを作成します。コマンドラインでジョブ変数値を直接指定したり、コマンドが送るXMLファイル内でジョブ変数値を指定することができます。コマンドラインとXMLファイルで同じパラメータに対して異なる変数値を指定した場合、コマンドラインの値が使用されます。
  1. datamove create -f objectlist.xmlと入力し、指定されていないジョブ変数値または上書きするジョブ変数値をXML内に入力します。
  2. ジョブ名をメモします。
    createコマンドが完了すると、ジョブ名が画面に表示されます。この名前を書き留め、ジョブの実行に使用します。
    ジョブは、Moveコマンドでも作成できます。この場合、オブジェクト リストを最初に作成する必要はありません。