17.00 - 構成の表示(RESTful API) - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

デーモン、ストアド プロシージャ、およびデーモンのテーブル駆動型インターフェースの構成設定、およびデーモンのパフォーマンス設定を表示します。

APIには、以下の情報を表示する2つのバリエーションがあります。
  • 指定されているプロパティ
  • 要求の本文で指定されたすべてのプロパティ
アイテム 説明
URL

/datamover/daemonProperties/propertyName

/datamover/daemonProperties

メソッド GET

要求のパラメータ

リクエストのパラメータは必要ありません。

応答のパラメータ

propertyName
説明: 構成プロパティの名前
JSONデータ型: 文字列
必須: はい
values
説明: システムごとのプロパティ値
JSONデータ型: JSON配列(valueType)
必須: はい
unit
説明: 値の単位
JSONデータ型: 文字列
必須: いいえ
description
説明: 追加情報
JSONデータ型: 文字列
必須: はい
systemPairs
説明: ジョブの方向を強制するために使用されるシステムのペア
JSONデータ型: JSON配列(systemPairType)
必須: いいえ
groupPools
説明: ユーザー グループのプール
JSONデータ型: JSON配列(userGroupType)
必須: いいえ
targetUserPools
説明: ターゲット ユーザー プールのシステム
JSONデータ型: JSON配列(systemType)
必須: いいえ
neverTargetSystems
説明: ターゲット システムとして使用されないシステム
JSONデータ型: JSON配列(文字列)
必須: いいえ
defaultDatabases
説明: デフォルトのターゲット データベースまたはステージング データベースとしてシステム レベルで使用されるデータベース
JSONデータ型: JSON配列(systemLevelDatabaseType)
必須: いいえ

応答の例

次の例では、指定したプロパティを表示します。
{
    "propertyName": "agentCollector.agentHeartbeatWaitMillis",
    "values":
    [
        {
            "value": "600000",
            "system": "ALL"
        }
    ],
    "description": "Purpose: To set the amount of time to wait for an Agent heartbeat before assuming it has gone out of service in milliseconds. Default: 600000"
}

次の例では、応答の本文で指定されたすべてのプロパティを表示します。