17.10 - 回復不能な I/O エラーの後の再始動 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

フォールバック タイプ テーブルへのアクセス中に回復不可能な入出力エラーが検出された場合、Teradata MultiLoadユーティリティは自動的に再始動操作を試みます。

データベース オペレータのコンソールの画面7に表示されるステータス メッセージは、再始動操作の進行状況を示します。また、一部の入出力エラー条件により、AMPがTeradata MultiLoadジョブに対して非参加となるように設定できます。この場合、Teradata MultiLoadジョブは停止し、次のエラー メッセージが出されます。

AMP XXX-X Starting rebuild of db.tbl
AMP XXX-X AMP marked as non-participant for - db.tbl
AMP XXX-X Completed rebuild of table db.tbl

その他のエラー メッセージは、再始動操作中に発生する可能性のあるエラーを示すものです。