17.10 - 定義 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

必ずTeradata MultiLoadターゲット テーブルの最終的なサイズを計算し、Teradata MultiLoadジョブを完了できるだけの十分な空き領域が宛先データベースにあることを確認します。

Teradata MultiLoadのテーブルが格納されているデータベースの空き領域がなくなると、データベースはエラー メッセージを返し、Teradata MultiLoadはジョブを停止します。この場合、データベースにより多くの空き領域を割り当ててから、Teradata MultiLoadジョブを再始動します。

ターゲット テーブル用の空き領域がさらに必要となる場合があります。また、各Teradata MultiLoadジョブでは以下の要素のための固定領域が必要です。
  • 作業テーブル
  • エラー テーブル
  • 再始動ログ テーブル
のための永続的なスペースが必要です。
Teradata MultiLoadの作業テーブル、エラー テーブル、または再始動ログ テーブルのためにスプール領域を使用できません。スプール領域は再始動時に解放されます。Teradata MultiLoadのテーブルに固定領域を使用すると、システム障害後の再始動操作でもデータを保持することができます。

特に作業表は余分の固定領域を大量に必要とすることに注意してください。