17.10 - 構文 - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)


構文規則:

dbname
リリースするターゲット テーブルがあるデータベースの名前。
デフォルトは、BTEQ LOGONコマンドで指定されるユーザー名に関連付けられたデータベース名です。BTEQは、このオプションで別のデータベース名を指定しない限り、そのデータベースでtablenameテーブルを検索します。
IN APPLY
それが中断されたときにアプリケーション フェーズにあったTeradata MultiLoadタスク。
IN APPLYオプションは、取得フェーズでTeradata MultiLoadターゲット テーブルに配置されたロックを解除するために使用できません。 この場合、IN APPLYオプションを指定せずにRELEASE MLOAD文を使用します。
tablename
Teradata MultiLoadターゲット テーブルの名前。
RELEASE MLOAD文はターゲット テーブルを解放しますが、エラー テーブル、作業テーブル、または再起動ログ テーブルは削除しません。それらはデータベースに残ります。またTeradata MultiLoadジョブの再実行リクエストの際には、手動で削除してスペースを解放し競合を避ける必要があります。