17.10 - プロシージャ - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata MultiLoadジョブに必要な固定領域は、次の3つの手順に従って見積もることができます。

  1. 以下に挙げる一連の単純な前提に基づいて、作業表とエラー表で必要な空き領域の仮見積もりを行ないます。
    • ターゲット表が1つだけある。
    • フォールバック保護、ジャーナル、およびNUSIが設定されていない。
    • ジョブがエラー表に書込みをしない。
    • ジョブの実行中にデータベースは再始動しない。
  2. 実際のジョブの要件と予想に従って、仮見積もりを調整します。
    • フォールバック保護
    • ジャーナル
    • 一意ではない索引
    • 複数ターゲット表
    • エラー表のエントリ
    • データベースの再起動
  3. 再始動ログ表に必要な空き領域を計算して追加します。

以降の各トピックで、見積もりの各手順について説明します。