17.10 - Teradata MultiLoadサポート アクティビティ コマンド - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、サポート アクティビティを実行するTeradata Multiloadコマンドを示します。

Teradata MultiLoadサポート アクティビティ コマンド
Teradata MultiLoadコマンド 機能
ACCEPT 1個以上のユーティリティ変数の値をファイルまたは環境変数から受け入れます。
DATEFORM Teradata Multiloadジョブで使用するDATEデータ型の書式を指定します。
DISPLAY 指定された宛先にメッセージを書き込みます。
ELSE 先行するIF条件が偽である場合に実行されるコマンドと文を導きます。IF、ELSE、およびENDIFを参照してください。
ENDIF 前のIFまたはELSE条件の対象となるTeradata MultiLoadコマンド群の範囲を定めます。IF、ELSE、およびENDIFを参照してください。
IF 後続のコマンドの実行を開始する条件式を導きます。IF、ELSE、およびENDIFを参照してください。
LOGOFF すべてのアクティブ セッションを切断して、クライアント システム上のTeradata MultiLoadを終了します。
LOGON Teradata MultiLoadによって確立されたすべてのセッションの接続に使用されるLOGONコマンド列を指定します。
LOGTABLE クライアントまたはデータベース システムに障害が発生した場合に、Teradata MultiLoadを安全かつ自動的に再始動するために必要なチェックポイント情報をジャーナリングするための表を指定します。
ROUTE MESSAGES Teradata MultiLoadのサポート環境によって生成される出力の宛先を指定します。
RUN FILE コマンドおよび文の現在のソースとして、指定の外部ソースを呼び出します。
SET ユーティリティ変数にデータ型と値を割り当てます。
SYSTEM Teradata MultiLoadの操作を一時停止して、任意の有効なローカル オペレーティング システム コマンドを実行します。