17.10 - 仮見積もり - MultiLoad

Teradata® MultiLoadリファレンス

Product
MultiLoad
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2409-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の式を使用し、フォールバック保護、ジャーナル、NUSIが設定されていないという前提で、任意のターゲット表の仮見積もりを行ないます。

PERM = (using data size + 38) * (number of rows processed) * number of apply conditions satisfied) * (number of Teradata SQL statements within the applied DML)

例えば、以下のTeradata MultiLoadジョブの場合、仮見積もりは84*(処理される行数)となります。

.LOGTABLE LOGTABLE001;
.LOGON TDP0/xxxxx,xxxxx ;
.BEGIN MLOAD TABLES A;
.LAYOUT TRANSACTION;
.FILLER  TRANSCODE * CHAR(4);
.FIELD   PIDX * CHAR(2);
.FIELD   VAL * CHAR(2);
.DML LABEL  DEL;
DELETE FROM A WHERE UPI = :PIDX AND VAL = :VAL (SMALLINT);
.DML LABEL  INS;
INSERT INTO A (UPI, VAL) VALUES (:PIDX, :VAL (SMALLINT));
.IMPORT INFILE DAT01
LAYOUT TRANSACTION
APPLY  DEL
APPLY  INS;
.END MLOAD;
.LOGOFF;

使用場所:

  • 使用しているデータ サイズ= 4(FIELDPIDXとFIELD VALについてそれぞれ2。FILLERフィールドはカウントされない。)
  • APPLYステートメントAPPLYおよびAPPLY INSは無条件であるため、満たされた適用条件の数 = 2。
  • 適用されるDML内のTeradata SQL文の数=1 (DML LABEL DELとDML LABEL INSの各コマンドにSQL文が1つずつ指定されるため)。