17.00 - 17.05 - 最小スプール領域の確保に関するガイドライン - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Advanced SQL Engineは、必要時に、スプール領域として使用可能な固定領域を動的に割り当てます。固定領域を減らすことがトランザクション処理に影響を与えないように、スプール要件のために固定領域を確保しておくことを推奨します。

最低でも、平均的な圧縮なしフォールバックなしの保護データベースでは、CURRENTPERM関連領域の40%を確保する必要があります(例えば、CURRENTPERMが100 GBの場合、スプール領域は40 GBになり、合計140 GBのMAXPERM(固定領域)が必要とされます)。

実際のワークロードでの必要に応じて、確保する量を増やす場合もあります。スプール領域の要件を見積もるために次のテーブルを使用してください。スプール領域の比率はCURRENTPERMに対する比率です。

システムのフォールバック率 圧縮率 スプール領域予約の推奨(CURRENTPERMに対する比率)
100% 0% 20%
100% 40% 30%
50% 20% 32%
0% 0% 40%
0% 40% 60%
これらの数値は、サイトごとに異なり、大きく変動する可能性があるため、単なるガイドラインとして使用してください。