17.00 - 17.05 - 例: テーブルのオブジェクト使用カウント - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つのデータベースdb1とdb2に、テーブルとオブジェクトがそれぞれ含まれているとします。さらに、カウント収集が有効になっていると仮定します。

ここで、2つのデータベースに含まれるテーブルにアクセスするためのSQLリクエストを作成します。

sel *from db1.tab1;
sel *from db1.tab1 where col1=7;
sel *from db1.tab1 where col2=7;
sel *from db1.tab2;
sel *from db2.tab3;
sel *from db2.tab3 where col1=7;
sel *from db2.tab4;

次に、データ ディクショナリ ビューTablesVXを使用して、テーブルの使用カウントを確認します。

sel DatabaseName, TableName, AccessCount, LastAccessTimeStamp
from DBC.TablesVX where TableName IN ('tab1', 'tab2', 'tab3', 'tab4');

出力は次のようになります。

 *** Query completed. 4 rows found. 4 columns returned.
 *** Total elapsed time was 1 second.
DatabaseName  db1
          TableName  tab2
        AccessCount  1
LastAccessTimeStamp  2006-12-17 14:51:53
       DatabaseName  db2
          TableName  tab4
        AccessCount  1
       DatabaseName  db1
LastAccessTimeStamp  2006-12-17 14:51:53
          TableName  tab1
        AccessCount  3
LastAccessTimeStamp  2006-12-17 14:51:53
       DatabaseName  db2
          TableName  tab3
        AccessCount  2
LastAccessTimeStamp  2006-12-17 14:51:53
=============================================================
最後の使用カウントのリセット以降に名前付きオブジェクトへのアクセスがなかった場合、同オブジェクトのAccessCount列にはゼロが表示され、LastAccessTimeStampには疑問符(?)が表示されます。