17.00 - 17.05 - シリンダ上の領域の解放 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
MiniCylPackおよびAutoCylPackの他に、次の項目を使用して、シリンダ上のスペースを解放、またはシステムでさらに多くのシリンダを利用可能にできます。
  • FreeSpacePercent(FSP)(PACKDISKおよびFreeSpacePercentを参照)
  • PACKDISK(<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照)
  • 永続データ用に保存されるシリンダ数(<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「永続データ用に保存されるシリンダ数」を参照)
  • ユーザー/プロファイルに対する一時領域の制限
  • ユーザー プロファイルの定義に対するスプール領域の制限:
    • スプール領域の限度を高く設定する。
    • 個別ユーザー数を最小限にして暴走問合わせスプール領域を制限する。

      上記のどちらの方法でも、例えば実行中のMiniCylPackなどの領域管理ルーチンの実行が必ずしも停止されることはありませんが、エリアの管理には有効であると考えられます。

  • 古いデータの保管と削除

    古くなった行の削除を計画して実行すれば、領域の利用可能性が向上します。データの特性によっては、削除の前に保存したほうがよいこともあります。詳細については、<Teradata® Archive/Recovery Utilityリファレンス、B035-2412>を参照してください。

  • 適切なデータ圧縮
  • 追加のディスク領域
  • データのブロック サイズの適切な設定
    • 最大ブロック サイズの割り当て
    • 最小ブロック サイズの割り当て
    • ジャーナル データ ブロック サイズの割り当て