17.00 - 17.05 - 制限と利用状況のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下は、標準的な形式のASEに影響を及ぼす可能性があるとわかっている要件です。

  • アカウント文字列は、128文字以内でなければなりません。
  • 文字数には、時刻フィールドのコロン(:)や日付のスラッシュ(/)などの区切り文字が含まれます。1つの文字列がすべてのASE変数で構成されている場合、結果は32文字の長さになります。アカウント文字列が文字制限を超えると、その制限より右側の文字は切り捨てられます。
  • ASE変数は、長さの制約に従って、文字どおりに散らすことができます。
  • 可能な限り適切にするために、リクエスト レベルの利用状況の詳細をキャプチャします。ただし、DBQLが有効であれば、DBQLは問合わせの利用状況をキャプチャできるため、ASEはリクエスト レベルの利用状況の詳細を有効にするメカニズムとしてそれほど重要ではなくなります。

    アカウント文字列のセットアップとして推奨されるのは、$W00MSIR&D&H。ここで、各要素は次のとおり。

    $W00 = ワークロード パフォーマンス カテゴリ。 このオプションの分類は、TASMまたはTIWM分類プロセスがユーザー定義のワークロードへのリクエストと一致しない場合にのみ有効です。

    このデフォルトの分類機能は、古いバージョンのソフトウェアとの下位互換性のためと、ユーザーが簡単にSLES 11 Priority Schedulerに移行できるようにするためのものです。現在のソフトウェアのユーザーの場合、このデフォルトの方法ではなく、通常のTASM/TIWMワークロードの分類を使用することを推奨します。
    可能値は、以下のとおりです。
    • $R00: タイムシェア最上位
    • $H00: タイムシェア高
    • $M00: タイムシェア中
    • $L00: タイムシェア低

    MSI = アプリケーション識別子(FinanceのFINなど)

    R = ワークロード識別子(R(Reporting)、B(Batch)、T(Tactical)、O(Online)など)

    &D&H = 日時のASE変数

  • 短い応答時間が必要なリクエストについては、アカウント文字列のセットアップでリクエストのパフォーマンスに大きな影響を及ぼさないようにしてください。
  • システムを効率的に管理するために必要な詳細情報を提供します。一貫して従うのであれば、適切な情報がキャプチャされ、幅広い分析が容易になり、システムを測定するための一連の標準的な測定基準ができます。
  • ASE変数を組み合わせるときは、以下のことに注意してください。
    • $W00変数に続くアカウント文字列の中で、複数のASE変数を任意の順序で使用することができます。
    • アカウント文字列は128文字までです。
    • &Dを指定せずに&Hまたは &Tを指定する場合、ある日のある時刻に収集される統計は、別の日の同じ時刻に収集される統計と組み合わせられます。