17.00 - 17.05 - マップを管理するための初期設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
マップを使ってAMP間でテーブル データを分散させるための前提条件があります:
  • ユーザーDBCは、ユーザーTDMapsにLOGON権限を付与する必要があります。TDMapsは、マップの管理に使用される情報とSQLストアド プロシージャを含むシステム データベースです。
  • TDMapsへの初回ログオン後(初期パスワードはtdmapsadmin)、TDMapsのパスワードを変更してください。
  • ActionsTblとActionHistoryTblに行を格納できるように、十分な領域をTDMapsに割り当ててください。大まかな目安はTVMのサイズです。以下の例では、TVMのサイズを決定します。
    SELECT SUM(CurrentPerm) FROM DBC.TableSizeV WHERE TableName='TVM';
  • TDMapsにDBA権限を付与する:
    • TDMapsプロシージャの使用を許可するには:
      GRANT EXECUTE PROCEDURE ON TDMaps TO <User>;
    • TDMapsテーブルに問い合わせを許可するには:
      GRANT SELECT ON TDMaps TO <User>;
    • TDMapsテーブル変更を許可するには:
      GRANT INSERT, UPDATE, DELETE ON TDMaps TO <User>;
  • マップにDBA権限を付与する:
    • マップを作成および削除する権限を付与する場合の例:
      GRANT CREATE MAP TO Roger WITH GRANT OPTION;
      GRANT DROP MAP TO Roger WITH GRANT OPTION;
    • 既存の連続マップまたはスパース マップをユーザーまたはロールに付与する例:
      GRANT MAP SomeMapName TO Roger WITH GRANT OPTION;
      マップをSQL文で使用するには、マップの権限を付与する必要があります。この要件はデフォルト マップには適用されません。

ユーザーがマップを作成すると、ユーザーにはデフォルトでそのマップの権限が付与されます。ユーザーTDMapsには、自動的にデフォルトのスパース マップの権限が付与されます。