17.00 - 17.05 - DBQLビュー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBQLテーブルごとにビューが少なくとも1つあります。これらのビューは、DIPユーティリティ スクリプトDIPVIEWSVとDIPJSON(JSONビューの場合)によって、インストール中にDBCデータベースに作成されます。 詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「データベース初期化プログラム(DIP)」を参照してください。

ディクショナリ オブジェクト 目的
DBQLRules[V] DBC.DBQLRuleTblの現在のルールを表示する(DBC権限またはSystemFE権限を持つユーザーに対して)。
QryLockLogXML[V] DBQLXMLLockTblにアクセスする。
QryLogExplainDoc[V] DBQLExplainTblにアクセスし、クエリーごとに1つの読み取り可能な文書を提供する。
QryLogExplain[V] DBQLExplainTblにアクセスする。
QryLogFeatureListV FeatureNamesテーブル関数SYSLIB.FeatureNames_TBF()にアクセスする。
QryLogFeatureUseCountV DBQLogTblのFeatureUsage列とQryLogFeatureListビューにアクセスする。
QryLogFeatureUseJSON DBQLogTblのFeatureUsage列にアクセスし、JSON文書で、特定のリクエストで使用される機能をリストする。
QryLogObjects[V] DBQLObjTblにアクセスし、オブジェクトがクエリーによって参照されるたびに1行を記録する。
QryLogParamV パラメータ化されたクエリー ログ テーブルDBQLParamTblにアクセスする。
QryLogParamJSON JSON形式でパラメータ化されたクエリー ログ テーブルDBQLParamTblにアクセスする。
QryLogSQLDoc[V] DBQLSQLTblにアクセスし、queryidが同じSQLテキスト情報の複数行を1つの文書に結合する。
QryLogSQL[V] DBQLSQLTblにアクセスする。
QryLogSteps[V] DBQLStepTblにアクセスする。
QryLogSummary[V] DBQLSummaryTblにアクセスする。
QryLogTDWM[V] デフォルトのログ テーブルDBQLogTblのTeradata動的ワークロード管理ビュー。
QryLog[V] DBQLogTblにアクセスし、クエリーのデフォルトのDBQL情報を格納する。
QryLogUtilityV DBQLUtilityTblにアクセスする。
QryLogXMLDocV DBQLXMLTblにアクセスする。 アプリケーションと将来の拡張機能との互換性を保つために、QryLogXML[V]の代わりにこのビューを使用することを推奨します。
QryLogXML[V] DBQLXMLTblにアクセスする。

DBQLビューは使いやすくするために事前定義されています。ただし、データベース管理者は1つ以上のDBQLテーブルからデータを取り出すことによって、カスタマイズした独自のビューを作成し、必要な形式で情報を表示することが可能です。

DBQLビューの詳細については、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>の「ビューの参照」を参照してください。