17.00 - 17.05 - DBC.AMPUsageビューについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
DBC.AMPUsageビューは、それぞれのユーザーおよびアカウントごとに、各AMPの使用状況についての情報を提供します。また、コンソール ユーティリティすべてのアクティビティの記録も取ります。ユーザー、アカウント、またはコンソール ユーティリティ セッションごとに、DBC.AMPUsageは次の情報を保管します。
  • 消費するCPU秒
  • 生成される読み取り/書き込み(入出力)操作の数
AMPUsageは、要求されたセグメントがキャッシュに入っていて、物理入出力が実行されない場合でも、データベース ソフトウェアによって明示的に要求された論理入出力を報告します。

DBC.AMPUsageは、DBC.Acctgテーブルを使用して、ユーザー名、アカウントID、およびAMPごとに集約された情報を提供します。テーブルへの更新は、各AMPステップに影響を受けるプロセッサごとに、それぞれのステップ実行時に定期的に行なわれます。(したがって、実行時間の長いステップがあると、AMPUsageの数値は連続的に1つずつ増加するのではなく、定期的に大幅に増加することになります。)カウンターがゼロにリセットされるまでの間、データは収集されて、テーブルにすでにあるデータに連続的に加算されていきます(リソース利用状況カウンターのリセットを参照)。

DBC.AMPUsageで提供される情報は、次の目的で使用できます。
  • システム リソース使用のアカウントに課金する。
  • 一日単位だけでなく数時間単位で、ユーザーおよびアカウント文字列ごとに、どのリソースが使用されたかを判別する。
  • 情報を要約して保管し、シフト、日、または週ごとに集める。
  • どのセッションがパフォーマンス低下の原因になったかを判断する(DBQLデータで詳細分析を実行可能)。
  • 拡張を計画するときの容量ニーズを引き出す。

DBC.AmpUsageは、問合わせの解析のアクティビティ、または問合わせごとの処理のアクティビティを記録しません。

問合わせのロギングを使用することで、問合わせテキスト、ステップ情報、および経過した処理時間を取り込み、ログオン文字列にたくさんのユーザーIDおよびアカウントIDを用意していないSQL生成プロダクトによって実行依頼される問合わせを区別できます。データ キャプチャ オプションの指示および説明は、データベース問合わせロギングを使用した問合わせ動作の追跡: 操作DBAを参照してください。

最新のアクティビティをリアルタイムで調査するためには、Teradata Viewpointを使用します。

例: CPU時間とユーザーによる入出力の合計

以下のSQL文は、ユーザーDBA01について、CPU時間および入出力の合計を要求します。

合計は、すべてのリソースの集約になります。

SELECT UserName (FORMAT 'X (16)')
,AccountName (FORMAT 'X (12)')
,SUM (CpuTime)
,SUM (DiskIO)
FROM DBC.AMPUsage
WHERE UserName = 'DBA01'
GROUP BY 1, 2
ORDER BY 3 DESC ;

この例では、AMPUsageは次の行を返します。

UserName     AccountName        SUM (CpuTime)     SUM (DiskIO)
--------     --------------     -------------     ------------
DBA01        $M2$ABCD&D&H       6,336.76          505,636
DBA01        $M2$EFGH&D&H       4,387.14          303,733
DBA01        $M2$IJKL&D&H       1.28              166

これらやすべてのシステム ビューの詳細については、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。DBC.AMPUsageおよび他のビューを使用して問題を検出し、パフォーマンスを改善する方法についての詳細は、PEとAMP性能へのASEの影響を参照してください。