16.20 - 例: ビューの列名の指定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の定義のあるDBC.HostsInfoシステム ビューについて考慮します。

   REPLACE VIEW DBC.HostsInfo (LogicalHostId, HostName, DefaultCharSet)
   AS SELECT
       LogicalHostId
      ,HostName
      ,DefaultCharSet
   FROM DBC.Hosts WITH CHECK OPTION;

基礎となるテーブルのDBC.Hostsには、次の定義があります。

   CREATE SET TABLE DBC.Hosts, FALLBACK, NO BEFORE JOURNAL, 
   NO AFTER JOURNAL, CHECKSUM = DEFAULT
      (LogicalHostId SMALLINT FORMAT 'ZZZ9' NOT NULL
      ,HostName VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL
      ,DefaultCharSet VARCHAR(128) CHARACTER SET UNICODE NOT CASESPECIFIC 
         NOT NULL)
   UNIQUE PRIMARY INDEX (LogicalHostId)
   UNIQUE INDEX (HostName);

次の文では、DEFAULT関数にDBC.HostsInfo.HostNameビュー列名を使用しています。

   SELECT DISTINCT DEFAULT(HostName) FROM DBC.HostsInfo;

DEFAULT関数の結果はNULLになります。これは、HostNameビュー列が、明示的なデフォルト値のないテーブル列から派生しているからです。