16.20 - 埋め込みサービス システム関数の呼び出し - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

埋め込みサービス関数は、関数名だけを使用して呼び出すことができます。例えば、CEILING (arg)のようにします。

TD_SYSFNLIBデータベース名を追加することにより、関数の名前を修飾することもできます。例えば、完全修飾した構文、TD_SYSFNLIB.CEILING(arg)を使用して、CEILING関数を呼び出すことができます。

埋め込みサービス関数を、関数名だけを使用して呼び出そうとしたときに、同名のユーザーが開発したUDFが現在のデータベースまたはSYSLIBデータベースに存在すると、Teradata Databaseは埋め込みサービス関数の代わりに、ユーザーが開発したUDFを実行します。
そのため、確実に埋め込みサービス関数を呼び出すためには、次のいずれかの操作を行ないます。
  • ユーザーが開発した同名のUDFを通常のUDF検索パス、つまり現在のデータベースおよびSYSLIBデータベースから削除します。詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「UDFの位置」を参照してください。
  • 完全修飾した構文を使用して、埋め込みサービス関数を呼び出します。