16.20 - 例: SUBBITSTR関数での問合わせ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の問合わせでは、入力引数20を受け取ります。この入力引数のデータ型はBYTEINTであり、バイナリ表現は00010100になります。その後で、3番目のビットから始まる3ビットを返すように要求します。返される3ビットの101は、0で充填されたバイト内に右寄せで配置されます。問合わせの結果は、値5になり、バイナリでは00000101になります。結果のデータ型は、VARBYTE(1)になります。

   SELECT SUBBITSTR(20,2,3);