16.20 - 変更と追加 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
日付 説明
2019年3月
  • 弾性TCore関数GetSystemTCoreおよびSetSystemTCoreを追加しました。これらは、システムのTCore値を表示および設定できるテーブル関数です。
  • HASHAMP関数とHASHBAKAMP関数について、構文図とテキストを修正し、例を追加しました。
  • 正規表現(REGEXP)関数xの一致オプションが、パターン/regexp_stringで空白文字を無視することを明確にしました。
  • 文字が128ビット以上のときに、REGEXP関数が大文字小文字を区別しない一致で誤った結果を返すことを説明しました。この制約は、ギリシャ語とキリル文字のアルファベットに影響します。
  • REGEXP_REPLACE関数の制約を説明しました。この関数は、連結された入力文字列内のNULLを処理できません。
  • to_stringが空またはNULLのときにO_TRANSLATE関数が返す内容を修正しました。
2018年4月
  • PIVOTを更新しました。
    • さまざまな例を追加しました。
    • PIVOT結果の集約をサポートする拡張構文について説明しました。
    • 複数の値を返すことをサポートする、PIVOT INリストのサブクエリーのサポートに関する情報を追加しました。
  • ODBCをサポートする新しいスカラー関数を次のように追加しました。
    • BIT_LENGH
    • CONCAT
    • CURTIME
    • MOD
    • LOCATE
    • NOW
    • UCASE
  • ODBCのサポートについて次のスカラー関数を変更しました: LENGTH、LTRIM、RTRIM、およびSUBSTRING/SUBSTR。
2017年11月
  • 「集計の入れ子」に情報を追加し、「時系列集約関数の概要」を追加しました。
  • PIVOTの使用上の注意を更新し、PIVOTのソースとしてUNPIVOT関数またはTD_UNPIVOT関数の説明を追加しました。
  • 時系列情報を含めるために次の関数を更新しました: AVG、COUNT、KURTOSIS、MAX、MIN、MAX、RANK (ANSI)、SKEW、STDDEV_POP、STDDEV_SAMP、SUM、VAR_POP、VAR_SAMP。