16.20 - 長さの等しくない引数に対するビット/バイト演算の実行 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このトピックの説明は、BITOR関数、BITXOR関数およびBITAND関数にのみ適用されます。

長さが異なる引数target_argbit_mask_argが上記の関数に渡された場合:

  • 引数target_argbit_mask_argを、それぞれの最下位のバイトまたはビットで整列する。
  • 短い方の引数には、長い方の引数と同じサイズになるまで、左側に0を埋め込む。

    Teradata Databaseは、右側ではなく左側に埋め込みを実行します。このようにすると、バイト列のサイズが変更される度に、ビット マスクとして利用する16進数バイト リテラルを変更する必要がなくなります。