16.20 - LAG/LEAD - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

順序付き分析関数は、行グループ内の行のウィンドウで集約値または非集約値を計算します。行のウィンドウは、ウィンドウ フレーミング句(ROWS句とも呼ばれる)によって定義されます。ウィンドウ サイズは、ROWS句で指定されたサイズに基づいています。行グループは、ウィンドウ機能のPARTITION BY句により定義されます。

LAG関数はウィンドウ グループ内で指定されたオフセット値での現在の行に先行する行からのデータにアクセスし、LEAD関数は現在の行に続く行からのデータを返します。オフセット値がウィンドウの範囲外にある場合は、ユーザー指定によるデフォルト値が返されます。

LAG関数とLEAD 機能は、OLAPおよび意思決定支援クエリーに使用されます。

LAG/LEAD ANSIスタイルの構文



LAG/LEAD Teradataスタイルの構文