16.20 - 明示的なタイプ変換を使った書式の変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

CASE式の結果の書式を修正するには、CASTを使用してFORMAT句を指定します。

以下に、上記の問合わせでCASTを使用してCASE式の結果の書式を変更する例を示します。

   SELECT i, ( CAST ((CASE
                WHEN i=1 
                THEN start_date
                WHEN i=2 
                THEN end_date
               END) AS DATE FORMAT 'M4BDD,BYYYY'))
   FROM duration
   ORDER BY 1;

デフォルトのデータ型の書式とFORMAT句の詳細について、<Teradata Vantage™データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。