16.20 - クエリーバンドの設定 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

ユーザー クエリーバンドの設定

オプション 説明
ユーザー クエリーバンドの使用 SQLエディタのセッションでクエリーバンドの使用を許可するには、このチェック ボックスを選択します。SQLセッションでクエリーバンドのオンとオフを切り替えるには、このオプションを使用します。
ユーザー クエリーバンド セッションで使用するクエリーバンド名の値ペアを入力します。各クエリーバンド名の値ペアをセミコロン(;)で区切り、文を単一引用符(')で囲みます。例えば、'ApplicationName=CDID;ClientUser=CS99934;'のようになります。フィールドは、入力できる変数を持つサンプルのクエリーバンド文字列を提供します。

Fast Load/Exportクエリーバンドの設定

オプション 説明
Fast Load/Exportクエリーバンドの使用の設定 Fast Load/Exportクエリー操作でクエリー バンドの使用を許可するには、このチェック ボックスを選択します。
Fast Loadクエリーバンド Fast Load/Exportセッションに適用するクエリー バンド名と値のペアを入力します。各クエリー バンドの名前と値のペアをセミコロン(;)で区切り、文を単一引用符(')で囲みます。例えば、'ApplicationName=CDID;ClientUser=CS99934;'のようになります。フィールドは、入力できる変数を持つサンプルのクエリー バンド文字列を提供します。

メタデータ クエリーバンドの設定

オプション 説明
メタデータ クエリーバンドの使用 データ ソース エクスプローラまたはナビゲータ ツリーのメタデータを収集するときにクエリーバンドの使用を許可するには、このチェック ボックスを選択します。
メタデータ クエリーバンド この編集可能フィールドには、メタデータ クエリーバンドの使用チェック ボックスが選択されているときにセッションで使用されるメタデータ クエリーバンド文字列が表示されます。