16.20 - ローカライズされたエラー ロギングのためのロガーの追加 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
  1. ロガー新規ボタンをクリックします。
  2. com.teradata.datatools.dtp.catalogなどのプラグインの名前を入力します。
  3. ロガー リストのcom.teradata.datatools.dtp.catalogを選択し、DEBUGなどのロギング レベルを選択します。
  4. 適用をクリックします。これにより、com.teradata.datatools.dtp.catalogプラグインのメッセージ ロギングがデバッグされ、ログ メッセージがteradata.logファイルに送信されます。追加のプラグインをリストに追加し、それぞれのロギング レベルで構成できます。