16.20 - 新規ドライバ定義の追加 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
デフォルトでは、新規接続プロファイル ウィザードは埋め込みJDBCドライバのデフォルト ドライバ定義を一覧表示します。新規接続プロファイル ウィザードでプロファイルを最初に作成するとき、または既存の接続プロファイルのプロパティ ダイアログを使用するときに、この手順を使用して外部JDBCドライバの新しいドライバ定義を追加します。
  1. 以下のいずれかの操作を行ないます。
    オプション 実行
    新規接続プロファイルの作成 新規接続プロファイル ウィザードでTeradataまたはAster接続のドライバおよび接続の詳細の指定 ステップまたはHadoop接続のJDBC接続プロパティ ステップに移動します。
    既存のTeradata接続プロファイルの変更
    1. データ ソース エクスプローラで、接続名を右クリックして、プロパティを選択します。
    2. Teradata JDBC接続プロパティを選択します。
  2. ドロップダウンからドライバの選択の横のをクリックします。
    1. システム タイプに応じて、外部JDBCドライバのテンプレートを選択します。
    2. ドライバ名にドライバ定義の固有の名前を入力します。
    3. JARリスト タブで、JAR/Zipの追加をクリックしてJDBCドライバのJARのリストを追加します。
    4. プロパティ タブでJDBCドライバのプロパティを編集します。
    5. OKをクリックします。