16.20 - LOB配置 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

SQL文の実行結果に文字ラージ オブジェクト(CLOB)またはバイナリ ラージ オブジェクト(BLOB)の値、またはラージ オブジェクトとして扱うように指定された文字またはバイナリ値が含まれる場合は、LOB配置ダイアログ ボックスが表示されます。

ダイアログ ボックスには、タイプがラージ オブジェクトである結果の各列のためのフォームが含まれています。フォームを使用して値を処理する方法を指定することができます。値をファイルに保存するように指定することができます。バイナリ データの場合は、イメージである値を結果ビューに表示するように指定することができます。

値がどのように処理されるかを指定するフォームは以下のとおりです。
  • CLOB配置: ラージ文字値の処理方法を指定します。
  • BLOB配置: ラージ バイナリ値の処理方法を指定します。

フォームに値を入力するとき、無効な値が見つかった場合はダイアログ ボックスの上部にメッセージが表示されます。フォームに無効な値が含まれている場合、OKは有効になりません。

キャンセルをクリックすると、ラージ値はファイルに保存されないことを示すダイアログ ボックスが表示されます。