17.10 - 例:STRTOKの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルと挿入されたデータについて考えてみます。

   CREATE TABLE t (id INTEGER, str VARCHAR(256));
   INSERT INTO t VALUES (1,'Teradata-Warehouse 13.10 - Combine 2 powerful forms of business intelligence (BI).'); 
   INSERT INTO t VALUES (2,'http://www.teradata.com/');

次のクエリーは、t.str文字列値から3番目のトークンを返します。2番目の文字列の中には2つのトークンしかないため、関数はその行に対してNULLを返します。

SELECT id, STRTOK(t.str, ' -/', 3) FROM t;

問合わせの出力は、次のとおりです。

         id  STRTOK(str,' -/',3)
-----------  ----------------------------------------------------------
          1  13.10
          2  NULL