17.10 - 例: BITAND関数での問合わせ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

BITANDにBYTEINT値を渡す

次の問合わせの入力引数23は、データ型がBYTEINTであり、バイナリ表現は00010111になります。入力引数20は、データ型がBYTEINTであり、バイナリ表現は00010100になります。2つの引数のビット単位の積の結果は、BYTEINT値の20 (つまり、バイナリの00010100)になります。この値が、問合わせから返されます。

   SELECT BITAND(23,20);

BITANDにNUMBER値を渡す

SELECT BITAND( CAST('A593C38281B4D2E1'XI8 AS NUMBER), 'FFFFFFFFFFFFFFFF'xb);

結果:

BITAND(-6515649270585699615,'FFFFFFFFFFFFFFFF'XB)
-------------------------------------------------
                             -6515649270585699615
SELECT TO_BYTE( CAST( BITAND( CAST('5A393C28184B2D1E'XI8 AS NUMBER), '0000FFFFFFFFFFFF'xb) AS BIGINT ));

結果:

TO_BYTE(BITAND(6501293679989959966,'0000FFFFFFFFFFFF'XB))
---------------------------------------------------------
00003C28184B2D1E