17.10 - データ型の評価 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

データ型が異なれば、等号と不等号の定義も異なります。次のテーブルでは、さまざまなデータ型を評価するときの基本について説明します。

データ型 評価方法
Numeric 代数学的に、負数は、その絶対値とは関係なくより小さいとみなされます。
Byte 左から右へとビットごとに評価されます。0ビットは1ビットより小さくなります。
  • すべての対の比較が等しい場合、2つのバイト列は等しいです。
  • 対の比較がいずれも等しくない場合、その比較によって結果が判定されます。
  • 長さが異なる2つのバイト列が比較される場合、長さが等しくなるように短い方の文字列の右側に2進数のゼロが埋め込まれてから比較されます。
Character 左から右へと文字ごとに評価されます。正確な比較は割り当てられている照合順序と、大文字と小文字を区別して比較するかどうかによって異なります。
使用可能な照合は、次のとおりです。
  • ASCII
  • EBCDIC
  • MULTINATIONAL
  • CHARSET_COLL
  • JIS_COLL

すべての対の比較が等しい場合、2つの文字列は等しいです。

対の比較がいずれも等しくない場合、その比較によって結果が判定されます。

文字比較の詳細は、長さが等しくない文字列の比較を参照してください。

DateTime 年代順。

タイムゾーンが時間の比較に与える影響の詳細については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「タイムゾーンのソート順序」を参照してください。

Interval 符号および絶対値に従います。
Period 例えば、p1およびp2がPERIOD式または派生PERIODだとすると、期間比較述部の評価には次のロジックを使用します。

BEGIN(p1) = BEGIN(p2)がTRUEの場合、END(p1) operator END(p2)を返す

ELSEの場合、(BEGIN(p1) operator BEGIN(p2))を返す

BEGINとENDの詳細については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「期間関数および演算子」を参照してください。

UDT UDTの順序付け定義に従います。

Vantageは、ソース タイプがLOBでないDISTINCT型UDTの順序付け機能を生成します。STRUCTURED型UDTまたはソース タイプがLOBであるDISTINCT型UDTの順序付け定義を作成するときや、システム生成の順序付け機能を置き換えるときは、CREATE ORDERINGを使用します。

CREATE ORDERINGの詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。