17.10 - CORR - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

すべての非nullデータ点の対について、引数のサンプル ピアソン積モーメントの相関係数を返します。

グループ、累計、または移動を計算するCORRウィンドウ関数については、ウィンドウ集約関数を参照してください。

サンプル ピアソン積モーメントの相関係数

サンプル ピアソン積モーメント相関係数は、変数間の線形関連の尺度です。算出される係数の範囲は -1.00 ~ +1.00 です。

相関が高いからといって、変数間に因果関係があることを暗示してはいないことに注意する必要があります。

次のテーブルは、2つの変数間の相関係数の4つの極限値の意味を示しています。

相関係数の値 変数間の関連
-1.00 完全に線形で逆向き

y の値の変化につれて、x も逆方向に等量変化する。

0 関連はなく、いわゆる「相関なし」。
+1.00 完全に線形。

y の値の変化につれて、x も同方向に等量変化する。

NULL 計算に使用される非NULLデータ点の対がデータに存在しないため、測定不能。