17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

WHEN句は、順番に処理されます。

value_expression_1に等しい最初のWHEN句value_expression_nは、それに関連したscalar_expression_nの値を結果として戻します。これで、この評価プロセスは終了します。

value_expression_nに等しいvalue_expression_1が存在しない場合は、ELSE句の引数であるscalar_expression_mが結果となります。

ELSE句が定義されていない場合には、結果はデフォルトのNULLになります。

value_expression_1のデータ型は、すべてのvalue_expression_n値のデータ型と比較可能でなければなりません。

CASE式の結果データ型の詳細については、CASE式結果タイプのルールを参照してください。

スカラーsubqueryは、CASE式のWHEN句、THEN句、およびELSE句で使用できます。非スカラーのsubquery(複数の行を返すsubquery)を使用すると、実行時エラーが返されます。

推奨事項: 組み込み関数CURRENT_DATEまたはCURRENT_TIMESTAMPは、パーティション プライマリ インデックス(PPI)のパーティション化式で指定されたCASE式では使用できません。この場合、調整処理の間にすべての行がスキャンされます。