17.10 - KANJI1サーバー文字セットのルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

KANJI1のサポートは廃止されました。KANJI1はデフォルトの文字セットとして許可されていません;システムは、KANJI1のデフォルトの文字セットをUNICODE文字セットます。新しいKANJI1オブジェクトの作成は厳しく制限されています。多くのKANJI1クエリおよびアプリケーションは引き続き動作する可能性がありますが、KANJI1を使用しているサイトは、できるだけ早く別の文字セットに変換する必要があります。Teradataの国際化計画に従って、KANJI1のサポートはサポート外になりました。このサポートは、近い将来に廃止される予定です。KANJI1はデフォルトの文字セットとして許可されません。システムはデフォルトのKANJI1文字セットをUNICODE文字セットに変更します。KANJI1の新規オブジェクトの作成は、高度に制限されています。KANJI1を使用する問合わせやアプリケーションの多くは、従来通り動作しますが、KANJI1を使用するサイトはできるだけ早く別の文字セットに変換する必要があります。詳細については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125>の「KANJI1文字セット」を参照してください。

サーバー文字セットがKANJI1でクライアント文字セットがKanjiEBCDICの場合、オフセット カウントにシフトアウト/シフトイン文字が含まれていますが、照合の対象にはなりません。それらは、1バイト文字とマルチバイト文字の間の移行を示す文字としてのみ処理されます。

ゼロでない場合の結果の位置は、以下のように出力されます。

文字セット 結果
KanjiEBCDIC string_expression_1内での論理文字オフセット(オフセット カウント内の シフトイン/シフトアウトを含む)の最初のバイトの位置。
KanjiEBCDIC以外 string_expression_1内の論理文字オフセット。