17.10 - 例: QUALIFYとRANKの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

問合わせにQUALIFY句を追加すると、該当しないテーブルから行数を減らすことができます。

例えば、高い売上げを記録した月が例年どおりなのか、そうでないのかを調べる場合は、前の問合わせにQUALIFY句を追加します。

   SELECT item, smonth, sales, 
   RANK() OVER (PARTITION BY item ORDER BY sales DESC), 
   AVG(sales) OVER (PARTITION BY item ORDER BY smonth ROWS 3 PRECEDING)
   FROM sales_tbl
   ORDER BY item, smonth
   QUALIFY RANK() OVER(PARTITION BY item ORDER BY sales DESC) <=5;

このように限定節を追加すると、例えば以下のような結果テーブルが生成されます。

Item SMonth sales Rank(Sales) Moving Avg(Sales)
A 1996-04 210 3 155
A 1996-05 270 1 195
A 1996-06 250 2 225
A 1996-07 190 4 230
A 1996-08 180 5 222
B 1996-02 30 1 30
..。 ..。 ..。 ..。 ..。

この結果は、現在の販売期間が始まる前の売上げがかなり低かったということを物語っています。