17.10 - 埋め込みサービス システム関数の有効化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

埋め込みサービス関数を使用する前に、データベース初期化プログラム(DIP)ユーティリティを実行し、DIPALLまたはDIPSYSFNCスクリプトを実行する必要があります。DIPALLはシステム インストールの一部として実行されます。

DIPスクリプトはTD_SYSFNLIBデータベースを作成します。このデータベースは、埋め込みサービス関数をサポートするために、システムだけが使用します。このデータベースには、どんなデータベース オブジェクトも格納してはいけません。格納すると、埋め込みサービス関数を正しく操作できなくなる場合があります。

TD_SYSFNLIBデータベースまたはDBCディクショナリ テーブルが関与するBAR操作を実行する場合は、DIPALLまたはDIPSYSFNCスクリプトを再実行して、埋め込みサービス関数を再始動させる必要があります。