17.10 - UNICODE正規化形式変換のチェック - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

TRANSLATE_CHKを使用してUNICODE正規化形式変換を検証するときには、任意の有効なUnicode文字列を任意の正規化形式にコード変換できます。互換性のある表意文字U+FA6C、U+FACF、U+FAD0、U+FAD1、U+FAD5、U+FAD6、またはU+FAD7が存在する場合を除いて、(0)が正しい結果になります。これらの文字はBMPの外部、つまりU+10000~U+10FFFの範囲外で正規化されるためです。

どの正規化形式でも、これらの文字は次のように正規化されます。

表意文字 正規化形式
U+FA6C U+242EE
U+FACF, U+2284A
U+FAD0 U+22844
U+FAD1 U+233D5
U+FAD5 U+25249
U+FAD6 U+25CD0
U+FAD7 U+27ED3