17.10 - 例: STRING_CSを使用した、KANJI1文字列のUNICODEへの変換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

前の例「STRING_CSを使用したクライアント文字セットの特定」のSysNamesテーブルを考慮してください。

以下の文では、STRING_CSを使用して、SysName列の文字列をKANJI1サーバー文字セットからUNICODEサーバー文字セットに変換するのに使用するエンコーディングを特定します。

   SELECT CASE STRING_CS(SysName)
      WHEN 0 THEN TRANSLATE(SysName USING KANJI1_SBC_TO_UNICODE)
      WHEN 1 THEN TRANSLATE(SysName USING KANJI1_KANJIEBCDIC_TO_UNICODE)
      WHEN 2 THEN TRANSLATE(SysName USING KANJI1_KANJIEUC_TO_UNICODE)
      WHEN 3 THEN TRANSLATE(SysName USING KANJI1_KANJISJIS_TO_UNICODE)
      ELSE TRANSLATE(SysName USING KANJI1_SBC_TO_UNICODE)
      END
   FROM SysNames;