17.10 - CASE_N関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
CASE_N ( conditional_expression [,...] [, case_spec ] )

構文要素

conditional_expression
評価する式またはカンマで区切られた条件式のリスト。
条件式はTRUE、FALSE、またはUNKNOWNと評価されなければなりません。
条件の評価がTRUEまたはUNKNOWNと決まるまでか、またはどの条件の評価もFALSEとなるまで、CASE_Nは左から右に向かってconditional_expressionsを評価します。最初のconditional_expressionの位置は1になり、それに続く条件の位置は上限をnとして1ずつ増加します。nは条件式の合計数です。
条件 结果
conditional_expressionがTRUEと評価され、前の条件はすべてFALSEと評価された場合 CASE_Nはconditional_expressionの位置を戻します。
conditional_expressionがUNKNOWNと評価され、前の条件はすべてFALSEと評価された場合 NO CASE OR UNKNOWNを指定した場合、CASE_Nはn + 1を返します。

UNKNOWNを指定し、NO CASEを指定しない場合、CASE_Nはn + 1を返します。

NO CASEとUNKNOWNを指定した場合、CASE_Nはn + 2を返します。

UNKNOWNもNO CASE OR UNKNOWNも指定しない場合、CASE_NはNULLを返します。

すべてのconditional_expressionがFALSEと評価された場合 NO CASEまたはNO CASE OR UNKNOWNを指定した場合、CASE_Nはn + 1を返します。

NO CASEもNO CASE OR UNKNOWNも指定しない場合、CASE_NはNULLを返します。

case_spec
{ NO CASE [ { OR | , } UNKNOWN ] | UNKNOWN }
NO CASE
リスト中のすべてのconditional_expressionがFALSEと評価される場合にTRUEと評価されます。
{ OR | , } UNKNOWN
リスト中のすべてのconditional_expressionがFALSEと評価される場合か、またはconditional_expressionがUNKNOWNと評価されるとともにリスト中の前の条件がすべてFALSEと評価される場合、NO CASE OR UNKNOWN条件はTRUEと評価されます。
UNKNOWN
conditional_expressionがUNKNOWNと評価され、かつリスト中の前の条件がすべてFALSEと評価される場合にTRUEと評価されます。