17.10 - DEGREES/RADIANS関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
{ DEGREES | RADIANS } (arg)

構文要素

DEGREES
ラジアンで指定した値を度に変換します。
RADIANS
指定した度数をラジアンに変換します。
arg
数値引数。
  • 関数がDEGREESである場合、argはラジアン単位の角であると解釈されます。
  • 関数がRADIANSである場合、argは度(角度)単位の角であると解釈されます。

結果の形式の種類

arg デフォルト書式となる結果の書式
数値 結果のデータ型
文字 FLOAT
UDT UDTが暗黙的にキャストされる事前定義された型

デフォルトの結果のタイトル

関数 タイトル
DEGREES(arg) (5.72957795130823E001*arg)
RADIANS(arg) (1.74532925199433E-002*arg)