17.10 - HASHBUCKET関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
HASHBUCKET ( expression )

構文要素

expression
有効なBYTE(4)行ハッシュ値と評価されるオプションの式。
expressionの結果がUDTになる場合に、事前定義されたバイト タイプへの暗黙CASTをUDTが持っていると、VantageはそのUDTに対して暗黙型変換を実行します。
UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。
HASHBUCKETを含め、システム演算子および関数用のUDTの暗黙の型変換は、ANSI SQL標準のTeradata拡張機能です。この拡張を無効にするには、DBS制御レコードのDisableUDTImplCastForSysFuncOpフィールドをTRUEに設定します。
expression の条件 結果
引数リストに表示されない HASHBUCKETは、最高のハッシュ バケット番号であるINTEGER値を戻します。
NULLと評価される HASHBUCKETはNULLを戻します。
有効なBYTE(4)行ハッシュ値と評価される HASHBUCKETは、行ハッシュ値に対応するハッシュ バケット番号を戻します。
ハッシュ バケット番号の値の範囲は、ハッシュ バケット サイズのシステム設定によって異なります。
  • ハッシュ バケット サイズが16ビットである場合、ハッシュ バケット番号の値は0~65535になります。
  • ハッシュ バケット サイズが20ビットである場合、ハッシュ バケット番号の値は0~1048575になります。