17.10 - ウィンドウ関数、Teradata固有の関数、およびGROUP BYの組み合わせ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルは、ウィンドウ関数、Teradata固有の関数、集約関数、およびGROUP BY句の使用可能な組み合わせの意味を示したものです。

    組み合わせ   意味構造
ウィンドウ関数 Teradata固有の関数 集約関数 GROUP BY句  
X       値は行ごとに計算される。
  X     値は行ごとに計算される。テーブル全体が、Teradata固有の関数の実行対象の単一のグループ(区分)を構成する。
    X   テーブル全体で1つの集約値が計算される。
X     X GROUP BYは、group-by列に同じ値が入っているすべての行を1つの行に圧縮する。値は結果行ごとに計算される。
  X   X GROUP BYは、Teradata固有の関数の実行対象の区分を決定する。この句は、group-by列に同じ値が入っているすべての行を1つの行に圧縮することをしない。
    X X 集約はグループごとに行なわれる。
X X     Teradata固有の関数は区分を持たない。テーブル全体が1つの区分になる。
X X   X GROUP BYは、Teradata固有の関数の区分を決定する。GROUP BYは、group-by列に同じ値が入っているすべての行を1つの行に圧縮することをしない。またGROUP BYは、ウィンドウ関数の計算には影響しない。
X   X X GROUP BYは、group-by列に同じ値が入っているすべての行を1つの行に圧縮する。ウィンドウ関数の場合、値は結果行ごとに計算される。集約関数の場合、集約はグループごとに行なわれる。