17.10 - GROUP BYとTeradata固有の関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata固有の関数の場合、GROUP BYは関数の実行対象の区分を決定します。この句は、group-by列に同じ値が入っているすべての行を1つの行に圧縮することをしない。したがって、このような場合にGROUP BY句に必要なのは、関数の区分化列を指定することだけです。

例えば、次の文はGROUP BY句を使用して店舗ごとの連続売上げを計算して、sales_tbl内のデータをStoreID別に区分します。

   SELECT StoreID, Sales, CSUM(Sales, StoreID)
   FROM sales_tbl 
   GROUP BY StoreID;

結果は次のようになります。

   StoreID     Sales  CSum(Sales,StoreID)
   -------  --------  -------------------
      1001   1100.00              1100.00
      1001    400.00              1500.00
      1001   1000.00              2500.00
      1001   2000.00              4500.00
      1002    500.00               500.00
      1002   1500.00              2000.00
      1002   2500.00              4500.00
      1003   1000.00              1000.00
      1003   3000.00              4000.00