17.10 - 基本Teradata問合わせ機能Basic Teradata Query - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-01-13

Basic Teradata Query (BTEQ)ソフトウェアは、ワークステーションまたはメインフレーム上のユーザーが1つまたは複数のTeradata Databaseシステムと通信し、レポートを印刷用または画面出力用にフォーマットできるようにする、汎用のコマンド ベースのプログラムです。

BTEQを使用すれば、Teradata Databaseに対してSQL問合わせを実行できます。BTEQは、結果をフォーマットし、画面、ファイル、または指定プリンタに渡します。

BTEQセッションは、Teradata Databaseに簡単にアクセスできる方法を提供します。BTEQセッションでは、以下が可能です。
  • 1つ以上のTeradata Databaseセッションを確立して、 TeradataまたはANSI標準トランザクション セマンティクスのいずれかを使用してシングルステートメントおよびマルチステートメントのSQL要求を送信します。
  • Teradata SQLステートメントを使用して、データを表示、追加、変更、および削除します。
  • フォーマット コマンドを使用して、フィールド モード ベースのカラムナ レポートを作成します。
  • オペレーティング システムのコマンドを指定します。
  • ソース ファイルの転送を必要とするユーザー定義関数やストアドプロシージャなどのデータベース オブジェクトを作成します。
  • スクリプトによる入力手順だけでなく、インタラクティブな入力手順も送信します。
  • JavaやPythonなどの言語によるサブプロセスとしてBTEQを呼び出します。