17.10 - データベース権限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース入門

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1091-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-01-13

ユーザーは、自分が権限を所持しているデータベース オブジェクトにのみアクセスできます。次の表は、データベース権限のタイプとその取得方法を示したものです。

権限 説明
暗黙的(所有者) データベース オブジェクトが作成された領域の所有者に対してデータベースから暗黙的に付与される権限。
自動的 以下のユーザーに対してシステムから自動的に提供される権限。
  • データベース、ユーザー、またはその他のデータベース オブジェクトの作成者
  • 新規に作成されたユーザーまたはデータベース
継承 権限が直接付与された別のユーザーまたはロールとの関係に基づいて、ユーザーに対して間接的に渡される権限。
  • ディレクトリ ユーザーは、マップされたデータベース ユーザーの権限を継承します。グループのメンバーとなっているディレクトリ ユーザーも、グループがマップされた外部ロールに定義されている権限を継承します。
  • すべてのユーザーは、そのユーザーが他の権限を所持しているかどうかに関係なく、デフォルトのデータベース ユーザーであるPUBLICの権限を継承します。
明示的(GRANT) 以下のいずれかの方法で、ユーザーまたはデータベースに対して明示的に付与される権限。
  • データベースまたはユーザーに対する直接的なGRANT。
  • ロールに対するGRANTと、1ユーザーまたは複数ユーザーに対するそのロールのGRANT。