16.20 - ROUTINE_JAR_USAGE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ROUTINE_JAR_USAGEビューは、指定のユーザーまたはシステム上で定義された外部Javaルーチンが依存するデータベースが所有するJARを識別します。

ビューの列名 説明 データ型 形式
DatabaseId JarNameで識別されるJARが定義されているデータベースまたはユーザーの識別子。 BYTE(4)

NOT NULL

X(8)
RoutineName JarNameで識別されるJARに従属するJava外部ストアド プロシージャの名前指定子。
  • VARCHAR(128)
  • UNICODE
  • UPPERCASE
  • NOT CASESPECIFIC
  • NOT NULL
X(128)
JarName RoutineName外部ストアド プロシージャが従属するコードを含むJARの名前指定子。
  • VARCHAR(128)
  • UNICODE
  • UPPERCASE
  • NOT CASESPECIFIC
  • NOT NULL
X(128)
Signature RoutineNameで識別されるJava外部ストアド プロシージャに対して定義されているシグネチャ。
  • VARCHAR(6400)
  • LATIN
  • CASESPECIFIC
X(255)