16.20 - THRESHOLDオプションによって生成される行 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

しきい値が使われた場合、DBQLSummaryTblは問合わせを、秒単位の経過時間、1/100秒単位の経過時間、論理入出力回数、1/100秒単位のAMP CPU時間の基準に従って記録します。DBQLSummaryTblのValueType列で、使用された基準が分かります。

指定された制限値以下の値を持つ問合わせがDBQLSummaryTblにカウントされます。制限値を越える問合わせは、DBQLogTblに記録されます。

例えば経過秒数を基準とした場合は、ログ対象の各セッションごとに、THRESHOLDオプションを伴なうDBQLは以下を実行します。

  • いずれかの問合わせがしきい値時間内に完了するたびに、セッションのカウンターを増分する
  • 10分ごとに、各セッションの累積カウントを別々の行としてDBQLSummaryTblに書き込む
  • DBQLは、しきい値時間を超える問合せに対しデフォルト行をDBQLogTblに生成します。

例えば、“LIMIT THRESHOLD=500 CPUTIME ON user1”を指定すると、user1が実行した5 CPU秒以上を必要とした問合わせの数が分かります。

次の例は、QryLogSummary[V]ビューを使ったDBQLSummaryTblテーブルへの問合わせで、合計の入出力数とCPU時間を調べるものです。

SELECT collecttimestamp, sessionid, querycount, ampcputime, totaliocount
FROM QryLogSummaryV ORDER BY collecttimestamp;

CollectTimeStamp    SessionID    QueryCount  AMPCPUTime  TotalIOCount
------------------  ---------  ------------  ----------  ------------
2006-07-29 10:30:05     1,001             5        .031             4
2006-07-29 11:07:10     1,001             1        .015             0
2006-07-29 11:07:10     1,013             1        .000             0
2006-07-29 11:07:10     1,000             2        .047             0
2006-07-29 11:07:10     1,014            71        .907         2,427
2006-07-29 11:17:10     1,017            96       1.234         2,983
2006-07-29 11:17:10     1,014            26        .329           552
2006-07-29 11:17:10     1,031             1        .016             0
2006-07-29 11:17:10     1,023            94       1.093         2,483
2006-07-29 11:17:10     1,026            42        .578         1,196