16.20 - 例: QryLogXMLVの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: QryLogXMLVからのクエリー計画情報の抽出

次の例では、DBC.QryLogXMLVビューから問合わせ計画情報を抽出する方法を示します。

SELECT
cast(t.result_value as char(30)) as "ColumnName"
  FROM (SELECT QueryID, XMLTextInfo
  FROM DBC.QryLogXMLV
  WHERE QueryID = 163833139835340224) as x(QueryID, XMLTextInfo),
table(
sysxml.xmlextractvalues(cast(x.QueryID as varchar(18)), x.XMLTextinfo,
null, '//Field[@JoinAccessFrequency>0]/@Name')) as t
  ORDER BY 1;

結果:

ColumnName
------------------------------
a1
b1

例: 統計の推奨事項を含むドキュメントのQryLogXMLVからの選択

次のSELECT文では、統計の推奨を持つすべての文書が取得されます。

SELECT xmltextinfo FROM dbc.QryLogXMLV  WHERE HasStatsUsageData = 'Y';

例: StatsUsage情報のQryLogXMLVからの選択

次のSELECT文では、STATUSAGEオプションが有効になっているが統計の推奨を持たない問合わせの数が取得されます。

SELECT Count(*) FROM dbc.QryLogXMLV  WHERE StatsUsageEnabled = 'Y' AND HasStatsUsageData = 'N';

例: DetailedStatsEnabledを指定したドキュメントのQryLogXMLVからの選択

次のSELECT文では、DETAILEDサブオプションが有効になっているすべての文書が取得されます。

SELECT xmltextinfo FROM dbc.QryLogXMLV  WHERE DetailedStatsEnabled = 'Y';

例: DetailedStatsEnabledを指定した、詳細な統計情報のないドキュメントのQryLogXMLVからの選択

次のSELECT文では、DETAILEDサブオプションが有効になっているが詳細な統計情報を持たない問合わせの数が取得されます。

SELECT Count(*) FROM dbc.QryLogXMLV  WHERE DetailedStatsEnabled = 'Y' AND HasDetailedStatsData = 'N';