16.20 - テーブルへのアクセス - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

データ ディクショナリ テーブルにアクセスできるのは、テーブルに対し必要な権限を持つユーザーのみです。 ユーザー(システム管理者も含む)がテーブルを変更できないようにするために、テーブルへのアクセスは厳密に制御されています。

システムが適切に機能するために、データ ディクショナリ テーブルを変更したり削除したりしないでください。 間違ってテーブルが変更されたり削除されたりしないようにするために、テーブル内のデータへのアクセスにはデータ ディクショナリ ビューを使用します。

Teradataセキュア ゾーンを使用するサイトの場合、DBQLテーブルに対するSELECT権限はPUBLICから取り消されます。ユーザーは、DBC.QryLog*ビューを介してのみ、DBQLテーブルにアクセスできます。これは、ゾーンに関係のない情報にユーザーがアクセスするのを防ぐためです。詳細については、Teradataセキュア ゾーン ビューを参照してください。

ゾーンのユーザーは、DBCのビューで自分のゾーン内のオブジェクトの情報を参照できますが、自分のゾーンの外部のオブジェクトについては情報を参照できません。非ゾーン ユーザーがすべてのゾーンの情報を参照する必要がある場合、ZONE OVERRIDE権限を付与できます。ZONE OVERRIDE権限を持つユーザーはすべてのゾーンの情報を参照できます。特定のビューに対してSELECT権限を付与することもできますが、ビューに対するSELECT権限を持つユーザーには、ゾーン メンバーシップまたは非ゾーン ステータスに応じて、異なる結果セットが抽出されます。<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>のGRANT ZONE OVERRIDEとREVOKE ZONE OVERRIDEを参照してください。

Teradataは、次のテーブルにはSELECT権限を付与しないことを推奨します。
  • DBC.DBQLExplainTbl
  • DBC.DBQLObjTbl
  • DBC.DBQLogTbl
  • DBC.DBQLSqlTbl
  • DBC.DBQLStepTbl
  • DBC.DBQLSummaryTbl
  • DBC.DBQLXMLTbl
  • DBC.DBQLUtilityTbl
  • DBC.DBQLXMLLockTbl
  • DBC.TDWMExceptionLog