16.20 - リソース使用情報の追跡 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseの利用状況に関する情報は、ユーザーごとおよびアカウント番号ごとに収集されます。制御情報は、各CREATE USER文の定義によって決定されます。

アカウントはユーザー グループに関連付けられ、Teradata Databaseによって使用料を管理されています。アカウントIDは、CREATE USER文のACCOUNT句で設定できます。ACCOUNTを指定しない場合は、デフォルトによりユーザーの直接の所有者のアカウントIDとなります。所有者が複数のIDを所有している場合は、デフォルトにより1番目のIDがそのユーザーのアカウントIDと見なされます。

次のセクションでは、すべてのTeradata Databaseセッションで利用可能なアカウント情報について説明します。

以下のデータ ディクショナリ ビューで、使用状況を監視できます。

  • AccountInfo
  • AllSpace
  • AMPUsage
  • DiskSpace
  • LogOnOff
  • TableSize

AllSpace、DiskSpace、TableSize、AMPUsageビューは、アカウント目的でのTeradata Databaseリソースのトラッキングや、アカウントおよびユーザーごとの効果的なリソース利用を判断するのに役立ちます。