16.20 - 例:システムから強制的にログオフするユーザーを決定するためのLogOnOffVの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

過去2日間で(PM/API ABORT SESSIONを使用して)システムから強制的にログオフされたユーザーを確認するには、次を入力します。

SELECT DISTINCT UserName FROM DBC.LogOnOffV
   WHERE Event = ’Forced Off’
   AND LogDate > DATE - 3 ;